Skip to end of metadata
Go to start of metadata



PTSD予防

ストレス障害
-見極める
-予防する
-治療する
 

注意...ストレス障害は一般的ではない出来事に対する一般的な心理的、自律神経の反応です。

誰でもPTSDになる可能性があります。

・大災害の被災者、事故、暴力の被害者

・目撃者、近親者、遺族

・救急隊員、消防士、警察官、技術救援活動組織の従事者、緊急支援隊員などの救援者

・睡眠障害、悪夢

・怒り、神経過敏〔興奮〕

・苦痛な記憶が繰り返し思い起こされる

・特定の場所、行為、状況などを避ける

・自己「投薬」(アルコール、ニコチン、コーヒーなどの摂取量が増える)

・生きる意欲がなくなり、それが悪化すると自殺願望が生まれる

・罪悪感や無力感

・怖がる

・記憶障害、集中力が妨げられる

・ひきこもりがちになる、孤立

ストレス障害を見極めるには?

どんなRisikofaktorenが起きますか?

次にあげる状況ではストレス障害のリスクが高まります。

・これまでに、トラウマになるような経験がある

・自分自身の生命の危険

・(特に救援者、近親者、友人などの)死亡

・長期にわたる事件や出来事

・事件・事故時に高いアドレナリンの水位がある(事件・事故時に脈拍数があがる)

・多数の負傷者・死亡者が出る

・子どもが被害や被災に遭う

・銃器の使用

・仲間の自殺

どうすれば予防できますか?

ストレスが長引く場合には、

・休暇を取る。さらに、事件・事故などが起こった場所を完全に離れ、一時的に連絡が取れないようにする。

・状況が長引く場合...事の順序をはっきりさせる。そうすることで、出口が見えるようになる――少なくとも最終段階の見通しが立つ。

・アドレナリンなどに働きかけるものの摂取を控える。例えば、コーヒー、コーラ、カフェインを含む飲み物をいつもより多く飲用しない。

・争わない。例えば、他の救援者など争わないこと。相手が興奮や怒りなどを自分に向けられていると思ってはいけない。そういった興奮は、ストレスの結果として受け止める。

どういった治療方法がありますか?

自分自身や信頼のできる人にストレス障害のサインが出ているのに気付いた場合、下記の処置が有効です。

・事件・事故などの出来事から、空間的に十分な距離を取る

・温かい食事、保護、安心("Chicken and Soup")

・人と一緒にいる、チームでいる

・最初に助けとなるのは、仲間、近親者、隣人からの一連の援助である

・その後、災害救援チームや救急時対応の牧師〔Notfallseelsorger〕、心理学の専門家からの専門的な援助が効果的になる

・自分の欲求や喜びに対して再び目を向ける("Smell the Roses")

・映像を巻き戻す。ストレスとなっている経験を現在から過去にさかのぼって吟味する。

・早い段階で専門的な援助を求める(災害救助チームを呼び、心理学者やカウンセラーを探す)

注意...症状が4週間以上続く場合や、薬の乱用がある場合、また症状が増える前に、心理学的な援助(たとえばPTSD外来)を求めましょう。

Labels:
None
Enter labels to add to this page:
Please wait 
Looking for a label? Just start typing.